スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウロコ貼り

重い腰を上げて出窓上のウロコ貼りにかかります

IMG_4025.jpg
     ↑
形の成型、ボリューム感とか考慮しつつ隙間を木工パテで埋めました。

IMG_4026.jpg
     ↑
角の部分も丁寧に。

IMG_4030.jpg
     ↑
れっつウロコ貼りスタート!!
銅テープをFAX用紙に張り付けたものを事務用品のパンチで丸く打ち抜いたものを1枚づつ根気よく。
すすけた船体には似合わないビカビカの銅板屋根の感じです。

IMG_4031.jpg
     ↑
重ねて貼り付けていきます。爬虫類のウロコのような重なり具合を求めて。

IMG_4032.jpg
     ↑
角の部分まで来ました。船尾部もぐるりと貼り続けます。

IMG_4034.jpg
     ↑
ウロコっぽくなってきました。萌え狂うw!

IMG_4035.jpg
     ↑
右舷側も。

IMG_4036.jpg
     ↑
船尾部もかなり出来上がりました。ひたすら根気の作業ですわ。

IMG_4038.jpg
     ↑
ラストの一枚を船尾中央に張り付けて完成です!

このあと、カラス液を塗って腐食させ、枯れた感じの趣にしようと思ったのですが

何故か弾いて腐食しないw

腐食防止の被膜があるのか?手元に届いたときはテープの一番外の部分はイイ感じで腐食していたのにな・・??
これでは金色の折り紙でよかったのではないか!という顛末にw

 仕方なしに黒く塗ってグレーでドライブラシ仕上げにせざるをえまい・・・
なにをやっているのやら・・・・


スポンサーサイト

船尾工作

何とか船長室が一応一区切り(嘘)ついたので続けて工作を進めます。

IMG_3876.jpg
     ↑
名残惜しい気もしますが船長室に天井を貼ってしまいます。

IMG_3877.jpg
     ↑
重しを乗せて乾燥待ち

IMG_3878.jpg
     ↑
左舷スターンギャラリー側壁を仮組しつつ削り合わせ

IMG_3879.jpg
     ↑
計算通り、スターンギャラリーの窓越しに揺らぐロウソクの火がおぼろげに浮かび上がります。

IMG_3878.jpg
     ↑
忘れていた船体横のモール(?)も取り付け

IMG_3880.jpg
     ↑
船尾の壁を取り付けました。やっと船体が一通り出来上がりつつあります。

IMG_3899.jpg
     ↑
マホガニー材で板を貼り、薄めた墨汁で塗装しました。お、これはこれはいい感じで塗れたぞ!

IMG_3898.jpg
     ↑
各デッキの風合いを整えて追加で汚しを入れました。左舷キャノン砲のロープワークもあと少しです。

IMG_3933.jpg
     ↑
久しぶりに船体外壁を張り付け

IMG_3934.jpg
     ↑
船尾老のランタンの配線を通すためと、板厚を少し厚くするため薄板でスペーサーとします。

IMG_3935.jpg
     ↑
キットの化粧板を張り付け。墨汁汚しで風合いを出しました。

IMG_3936.jpg
     ↑
現在の進捗状況はこんな感じで。あと少し整形したら船体塗装に入ります。
やっとここまで来れた感無量ですね。初めての帆船模型でよくここまでたどり着いたような・・・

でも折り返し地点までまだあと少しなんですよね。リギング地獄の入り口がすぐそこに見えますw

あそうそう、フライングダッチマンも船体を完成させねば!!
これからが本当の地獄ですねw

机とキャプスタン

なかなか時間が取れていませんが少しづつ進めましょう

blog画像 034
     ↑
船長室の大きな机とキャプスタンを作りました。

机は腰高すぎる感じがしましたのでつまよう枝で5本足を作って高さを下げてあります。

blog画像 030
     ↑
そしてこの机の裏面にボタン電池のLEDを目立たないように貼り付けて、テーブル上の蜀台やらろうそくを灯します。

blog画像 031
     ↑
仮に点灯させて雰囲気を確かめる。蜀台とか蝋燭の工作を急がねばなりません。

blog画像 027
     ↑
船長室小部屋の中にある蝋燭もそれらしく雰囲気が出て狙い通り。

blog画像 028
     ↑
メインデッキのウォーターウェイを取り付け

blog画像 029
     ↑
船首楼の段差面にディテール追加。

blog画像 033
     ↑
さっそく塗装しました。

blog画像 032
     ↑
キャノン砲の儀装も始めます。とりあえずキャリッジに真鍮線で造った輪っかをそれぞれ取り付けました(見えんけどw)
そして先んじて船体に接着固定してあります。砲身自体は未接着です。

blog画像 035
     ↑
さーここからひたすらガンテークルを作って取り付けていきます。

あけぼの運動会 186
     ↑
ガンデッキの儀装のときに比べ、邪魔な梁もないし、断線させちゃいけないリード線も無いから楽チンといえば楽チンかもw
後は根気勝負!!!!

blog画像 037
     ↑
最初にキャリッジを接着して動かないようにしておくととってもやりやすい。

blog画像 038
     ↑
水溶きボンドでなりを整えて乾いたら外れたり動いたりしないように。
その後で太めのロープを砲身の尻に結わえ付けたらキャリッジに乗せて一組完成!
なんですがキャリッジ尾部にもロープワークする一対があったのを忘れてた!!
3ミリシングルが足りない~~

キャノン砲を全て儀装して、完成した船長室と合わせてメインデッキ船長室を俯瞰した写真を収めるため製作順序があっちこっち飛んでいて自分でも整理できてなかったりしますけど頑張ります。


 

船長室 小部屋のランタン

LEDの配線当初から見切り発車のランタン工作ですが、船長室まで取り回すのに長さが足りず中途半端なところで点滅するLEDを何とか無駄にせずに済む方法は無いか・・・・

ということで船長室小部屋に2本の蝋燭を灯します。

blog画像 015
    ↑
試しにしろ色のコードを適当なサイズで切って、切り口をライターで焙って芯を出してロウソクのようにしてみたら結構いい感じ。

blog画像 016
    ↑
それと若干太めなプラ棒で大きなロウソクを並べてみる。

blog画像 017
    ↑
木片で適当にロウソクの置いてある小ぶりなテーブル状のものを用意して塗装して小部屋に置く。

blog画像 018
    ↑
中途半端な位置で揺らめくLEDがロウソクの灯火の位置になるように高さ調整してそれらしく。

blog画像 019
    ↑
ストロボ焚かずに撮影すると、あたかも船長室小部屋のベット脇の小さなテーブルに明り取りのロウソクが揺らめいているかのような・・・・・・設定です。

船長室入り口横の小窓からも何か揺らめいているのが見えるし
せっかくのチップが2つも無駄にならずに済んだのでめでたしめでたし♪



船長室まわりとスターンギャラリー

船首部はおおむね完成し、ちょうど船長室周りのパーツが配給されましたので取り掛かります。

ところでwwちまたでJOJOが大流行ですね。うちの子供も嵌ってます。1部2部面白ぇぇぇ!!!

anmarida.jpg

あんまりだぁぁぁ!!!!!!
目立つところがバルサ材だなんて
あんまりだぁぁぁぁぁ!!!!!



blog画像 050

     ↑
船長室まわりのスターンギャラリー開口部がバルサ材に色を塗っただけなんて
あんまりだぁぁぁ!!!
という訳なんで化粧張り。

blog画像 054
     ↑
5ミリマホガニー材だったけど、アシェット純正床板材の未使用モノでもよかったかな。削るのに苦労しました。ほんと、アシェットのパーツが型紙にしかなって無いような・・・・


blog画像 064
     ↑
窓枠など金属パーツをカラス液で黒染め。なかなかいい感じで枯れた趣き。
窓にはプラごみ分別袋の中からコンビニ弁当のふたより薄めでやや曇った感じのいい素材があったのでそれをガラスに仕立てた。
映画の中では結構窓ワクとガラスの狭間に汚れが挟まりこんでいたので木工ボンドをうすめ墨汁で溶いてそれっぽく塗りたくった。


blog画像 067
     ↑
土台のパーツに化粧張りをして色付け。船体と違ってニスを塗らずそのまま墨汁仕上げ。風合いが違っていい感じ。

blog画像 068 
     ↑
飾り枠を重ねて貼り付けた。なんか結構いい感じジャン?

blog画像 069
     ↑
船尾のろく材に貼り付けるのだが、接着前にヘアアイロンでレリーフごと挟んで曲面を出してから接着しないとえらいことに・・・・

そしてここで船尾部の板貼りが中途段階であることに気付いたw

blog画像 072

blog画像 070
     ↑
せっかくカッコイイ窓枠が付いたのに、腰下がだらしないので締まらない図にw

blog画像 062
     ↑
建造ブログの大先輩のお知恵を拝借してフォトフレームに過去撮り貯めてある画像をランダムに映し出した。
ありがとうございました。ちょうど使用しなくなったものが活かせてよかった。
最初のちょこんとした舳先のパーツからこれまでの工程が見返せて面白いですよ。お客さまのアイキャッチもばっちりです。


そしてここはディーヴィージョーンズラッカ・・・・・・・・
この世とあの世の狭間でフライングダッチマンを造る!

blog画像 059
     ↑
こちらは、たまーに思い出しては切り出して組み付けるというのんびりした進捗状況・・・
でもあと少しでフレームが揃う。ほんとマイペースですな。






プロフィール

のんぺい太

Author:のんぺい太
帆船模型初心者がブラックパール号の建造にチャレンジします。

野郎ども!もやい解け!帆を上げろぉ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブラックパール号を創る
初心者が帆船模型に挑戦します。
途中リタイアは吊るし首w
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。